主婦 借入

専業主婦が夫に内緒で借入できるところってあるの?

                                 

 

収入ゼロの主婦にとって、お金を借りるのはなかなか難しいもの。
事実、現在専業主婦に貸付を行っている会社は、数少ない銀行系カードローン会社のみとなっています。

 

しかも、専業主婦がローンを利用するには、ほとんどの場合、夫の同意が必要で夫に内緒で借入するならさらに厳しい状況に・・・。

 

しかし、専業主婦が夫に内緒で借入することは不可能ではありません!!

 

 

夫に内緒でカードローンを利用するポイント

 

同意書・収入証明なしでOKのカードローンを選ぶ

カードローンの申し込みでは、夫の同意を確認するため同意書や収入証明の提出を求められることがほとんどです。しかし、主婦の借入を受け付けているカードローン会社の中には、同意書や収入証明を提出しなくても、身分証明証だけで申し込みができるところがあります。
公式ホームページなどで申し込みに必要な書類をチェックし、同意書や収入証明がいらないカードローンを選ぶようにしましょう。

 

在籍確認の電話なしのカードローンを選ぶ

夫にばれる原因として代表的なのが、在籍確認の電話です。カード会社は、申し込みの際に記入された情報に間違いがないかを調べるため、配偶者である旦那様の職場に直接「○○さんはいますか?」と電話をかけることがあります。
プライバシーが重視されている近年は、借入が職場にばれないよう社名は名乗らず、個人名でかける場合がほとんどですが、旦那様を不安にさせないためには在籍確認の電話がないカードローン会社を選んだ方が安心です。

 

金利が低いカードローンを選ぶ

主婦の借入で重視したいポイントが低金利のカードローンを選ぶことです。収入のない主婦の方は、借りたお金を家計の中から返済することになる場合がほとんどなので、月々の返済が多いと、旦那様に「あれ?こんなにお金なくなってる!?」と気づかれてしまうことになりかねません。低金利で、月々の返済額が少なくてすむカードローンを選んだほうが無難と言えるでしょう。

夫にばれずに即日審査・借入可能なカードローンは?

金利:14.0% 限度額:30万円
大手銀行ならではの安心できるサービスで主婦に人気のカードローン。
Webから簡単に申し込みができ、最短即日利用可能!同意書や収入証明・在籍確認もなく家族ばれの心配もほとんどありません!
さらに、業界トップクラスの低金利だから長く借りても負担が少ないのも嬉しいポイントです。

 

金利:18.0% 限度額:500万円
新生銀行カードローンレイクは、原則即日回答・即日融資というスピードのはやさで選ばれているカードローン!
30日間or180日間の無利息期間もあるから「今すぐ一時的に借りたい!」という主婦の方に最適です。公式ホームページにて借入診断も簡単にできるので、まずはこちらで借入できる可能性をチェックしてみましょう。

 

金利:17.4%(auユーザーは12.5%) 限度額:30万円
auじぶん銀行カードローンは、最短即日融資OKで便利なサービス満載!
お近くのATMで24時間申し込みや借入・返済でき、残金参照や入出金照会もスマホアプリで簡単にできちゃいます!
月々の返済は1000円からとお財布に優しく、借入も1000円単位で細かく設定できます。しかも、利用回数は無制限!auをお使いの方なら、通常よりかなり低い金利で利用することができるので特におすすめです!

 

金利:13.8% 限度額:50万円
大手ショッピングモールで有名なイオングループのカードローン。低金利が最大の魅力で、借り換えやおまとめローン目的で利用する人も多いようです。
月々の返済は、その時々の状況に合わせて少しずつ返したり多めに返したりできるから安心!夫の同意書・収入証明不要で在籍確認の電話もなく、家族ばれはほぼありません!
14時までの申し込みで、原則当日中に審査完了。カード申請から4日〜10日で利用可能です!

みずほ銀行カードローンなら専業主婦でも安心!!

                                      

 

家計にやさしい低金利

みずほ銀行は業界最低水準の14.0%!長く借りても負担が少なく、無理のない返済が可能です!

 

審査・借入がスピーディ

みずほ銀行カードローンの強みは最短即日利用可能というスピーディな対応!
みずほ銀行の口座を持っている方なら、よりスムーズに融資を受けることができます!

 

家族ばれしない

みずほ銀行なら、旦那様の同意書や収入証明は必要ナシ!電話での在籍確認も行っていないから、家族や旦那様にばれる心配はありません。

 

お申し込みは、公式ホームページから!

 

                       

専業主婦でも借り入れ可能のカードローンについて

一昔前までは、収入の無い専業主婦に対して融資を行ってくれる金融業者はありませんでした。
しかし、現在では専業主婦専用のカードローンのサービスを用意しているところも増え、専業主婦だから借入ができないという時代は終わりました。
実際、大手銀行で言えば三井住友銀行や楽天銀行が、専業主婦向けのカードローン事業に力を入れています。
ただし、専業主婦専用のカードローンを利用する際の注意点として、借入金に対する利率が一般向けのカードローンに比べて高めに設定されていることが挙げられます。
カードローンを利用する前に利率はどうなっているのか等、しっかりと下調べをした上で利用申請を出しましょう。

 

銀行系カードローンと信販系カードローンの違いとは

ちなみに、カードローンには2種類のものがあることはご存知でしょうか?
一つは銀行系カードローンと言い、みずほ銀行や三井住友銀行などと言った銀行業を営んでいるところが行っているカードローンです。
これに対して、アコムなどといった消費者金融や、信販会社が行っている融資を一括してノンバンク系と言います。
両者の大きな違いとしては、借入を行う際に総量規制がかかってくるかどうかです。
総量規制とは、その人の年収の3分の1以上の額を貸し付けてはいけないとする規制の事で、銀行からお金を借りる場合には関係ありませんが、ノンバンク系から融資を受ける際にはかかってきます。

 

配偶者貸付制度は総量規制対象外!

ノンバンクから融資を受ける際には総量規制がかかってしまうため、収入が無い専業主婦の方は借入を行うことができないように思われがちですが、専業主婦である場合には配偶者貸付制度という総量規制の例外処置を受けることができます。
配偶者貸付制度の下では、専業主婦に限り世帯収入の3分1までの額の借入を行うことができます。
ただし、配偶者貸付制度を利用するためには、カードローンの契約に際して配偶者の同意書が必要なため、夫に内緒で融資を受けたい場合には難しい選択肢でしょう。
いずれにせよ、専業主婦その人自身には安定した収入が無いことは紛れもない事実であるため、カードローンの利用審査は、一般の人と比較して少々通り辛い印象があります。

カードローンのメリットとデメリットについて

カードローンのメリットとしては、やはりその利便性でしょう。
利用するカードローンの業者にもよりますが、コンビニエンスストアのATMや、はたまたインターネットバンキングを利用して、24時間いつであっても融資を受けることができます。
また、カードローンの利用限度内であれば何度でも借入を行うことができ、また、返済して空いた利用枠を利用してまたお金を借りることができるため、利用限度額内のお金をまるで自分のお金であるかのように使うことができます。
ただし、注意点として、カードローンはその性質上借金をしているということを忘れがちですが、これも一種の借金であることを常に意識して、借りたお金はスピーディに返済するようにしましょう。

契約に必要な書類とお申し込み方法を解説!

契約に際して必要な書類は、基本的には身分証明証だけで事足りるでしょう。
しかし、配偶者貸付制度を利用するのであれば追加書類として、配偶者の同意書が必要になります。
申込み方法として、窓口での申請以外にも、インターネット、電話等、様々なものが用意されています。
一番手軽で、審査終了まで早く終わるのはインターネットからの利用申込みでしょう。
これならばインターネットに繋げられる環境さえあれば、いつでもどこでも申込みを出すことができるため、とても便利な方法であると言えます。
他の主流な方法として、従来通り、直接窓口に行って利用申請をするものもあります。
一度その金融機関に行かなくてはいけない手間はありますが、インターネットでの申込みとは違い、係員と相談しながら申請を行うことができるため、不安や、悩みがある場合にはこちらの方が良いでしょう。

 

最短30分で貸付審査の結果がわかるから即日融資も可能!

現在では審査のスピードも非常に早くなっているところも多くなってきたため、最短30分で貸付審査の結果が分かることも多いです。
特に、インターネットからの利用申請に関してはこれが顕著で、30分以内に審査の結果が分かり、申請を出してから1時間後には融資を受けられるのがほとんどでしょう。
何故かと言うと、今ではどこもインターネットからの申込み内容に関してはコンピューターでの自動審査が主流になっているため、一定の基準さえ満たしていればすぐに通ってしまうからです。
そのため、現在では専業主婦であっても即日融資を受けられるようになっています。

専業主婦にオススメの銀行系カードローン一覧

専業主婦におすすめな2種類のカードローンをここでは紹介したいと思います。
一番おすすめなのは、楽天銀行カードローンです。
専業主婦向けのカードローンの特徴として、配偶者貸付制度利用以外だと、限度額が低いという点が挙げられますが、楽天銀行カードローンは、夫の同意書が必要ない上に、限度額も40万円前後という、専業主婦向けのものでは高めです。
他には、東京スター銀行のカードローンもおすすめです。
ここはインターネットバンキングを通してお金を借りることができるためどこであってもお金が借りられると言う利点があります。
また、金利も比較的低く安心して利用できるカードローンの一つであるでしょう。
しかし、利用限度額は10万円前後と他のものと違いはないため、大口の融資を受けたい方には向きません。

 

【オススメ!】楽天銀行カードローンの融資可能額や金利など商品概要

専業主婦におすすめできるカードローンとして、楽天カードローンを挙げましたが、ここではその具体的な商品概要について述べたいと思います。
専業主婦の場合には50万円以下の融資であれば、世帯の収入証明、夫の勤め先への確認電話は必要なく、即日融資も可能です。
金利は14.5%で、専業主婦向けの他金融機関のカードローンとそれほど変わりません。
楽天カードローンの魅力の一つと言えば、インターネットバンキングで口座を持っていることが前提ですが、24時間、いつどこであっても融資を受けることができる点です。
ATMや銀行に行く必要が無いため、夫に内緒で利用している人にとって、カードローンがバレるリスクも減ります。

 

実際に楽天銀行カードローンを利用した専業主婦の口コミ

「自分の収入が無く、返済も何もかも夫頼みになってしまうことからカードローンの利用審査に通らないのではないかと心配していたが、意外とすんなりと通って拍子抜けした。もちろん、実際のカードローンのサービスも非常に満足がいくもので、融資以外にも、疑問や相談事があれば親身になって相談に乗ってくれる、社員の姿勢が気に入った(20代女性・専業主婦)」というように、楽天銀行カードローンは、バランスのとれた融資に加えて、顧客サポートも充実していることが窺えます。

配偶者貸付制度でカードローンを利用している主婦の体験談

「配偶者貸付制度の下では、専業主婦であるのに、専業主婦専用のカードローンよりも、低金利、高い限度額、そして即日融資をうけることができます。確かに、夫の同意書を得なくてはいけないため包み隠さずカードローンを利用する旨を夫に伝える必要がありますが、やましい事にお金を使うわけでなければそれほど難しいことではありませんでした。急にお金が必要になった時の保険の為に、と言っておけば疑われることも無いでしょう(40代女性・専業主婦)」という体験談から分かるように、夫の同意書がいらない専業主婦向けのカードローンよりかは、夫の同意書が必要な、配偶者貸付制度を利用しての借入の方が全体的にメリットがあります。
皆さんも可能であれば、内緒で利用するのではなく、事実を伝えた上でカードローンを利用することをおすすめします。