主婦 カードローン 即日

1.専業主婦が誰にも内緒でカードローンを利用する方法を徹底解説!

収入が一切無い専業主婦がカードローンを利用して融資を受けるためには、二種類の方法があります。
一つは、夫の同意書を得て、配偶者貸付制度を用いてお金を借りる方法で、もう一つは専業主婦専用のカードローンを利用する手です。
夫に内緒でカードローンを利用する場合には後者の方法を利用しなくてはいけません。
専業主婦専用のカードローンは、限度額が10万円前後と低いですが、収入証明をする必要が無く、また、夫の会社へ在籍確認の電話もありません。
返済を滞らせたなどしない限りは、向こうから連絡してくることは無いため夫にカードローンの利用がバレることもないでしょう。

 

1-1.収入の無い主婦が借入できる金融機関とは

配偶者貸付制度を利用すれば、自身に収入が無くてもお金を借入れることができます。
しかし、この制度を使うためには、収入証明と共に夫の同意書が必要なため、内緒でカードローンを利用したいと考えている専業主婦にとってこの選択肢は無いでしょう。
最近では、同意書や収入証明がいらない専業主婦専用のカードローンと言うものも出てきており、これを利用することで夫に内緒でカードを手にすることができます。
専業主婦向けのカードローンで有名なのは楽天銀行カードローンでしょう。
専業主婦専用のカードローンでは珍しく限度額が比較的高く、そして即日融資も可能な程のスピーディーな審査がウリとなっています。

2.銀行系カードローンが専業主婦も利用できる理由を解説!

もしも配偶者貸付制度を使わない場合には、ノンバンク系ではなく、銀行系カードローンのみしか利用することができません。
これは、ノンバンクから融資を受ける場合にかかってくる総量規制が、銀行からの融資の場合には対象外となるからです。
このため、極論を言えば、銀行では専業主婦であっても、あくまでも審査に通ればですが、限度額内であればいくらでもお金を借りることができます。
なお、配偶者貸付制度を利用してノンバンクからお金を借りる場合には、世帯収入の3分の1までの借入しか行うことができません。

 

2-1.配偶者貸付制度を利用出来るから専業主婦も融資を受けれる!

収入が無い専業主婦で、でも消費者金融や、信販会社といったノンバンクからお金を融資してもらいたい場合には配偶者貸付制度を利用する必要があります。
専業主婦専用のカードローンを利用するか、あるいは配偶者貸付制度を使って一般の金融機関からお金を借りるかで迷うと思いますが、前者のものは夫に内緒で利用できる一方で、金利が高めに設定されていることが多く、後者のものは、低金利、そして高い限度額でカードローンを利用することができるという利点があります。
自分のニーズに合わせてどちらの方法を取るかを決めると良いでしょう。

 

2-2.配偶者貸付は貸金業法の総量規制対象外だから便利

配偶者貸付は、夫の同意書と収入証明を行うことを条件に、総量規制の例外として世帯収入を基にお金を融資してもらう方法です。
この制度を利用することで、本来ならば収入が無いために借入を行うことができない専業主婦であってもノンバンクからお金を借りることができます。
夫の同意書が必要ということもあり、融資を受けられるまでの手間が増えることは確かですが、この制度を利用することで融資を受けられる金融機関の幅が広がるため、夫の同意を得ることができる場合にはこちらの制度を使うことも視野に入れると良いでしょう。

3.専業主婦におすすめの銀行系カードローン!即日キャッシングも可能!

専業主婦であっても、突然お金が必要になるシーンというのは多くありますよね。
急な出費の際に、手持ちが少なくて困ったという経験の一回二回は収入の無い専業主婦であればあると思います。
そのような時に、専業主婦であっても即日融資が可能な銀行を知っておくことは、借金の予定が無い人であっても知っておいて損は無いでしょう。
楽天銀行カードローンは同意書や収入証明の必要が無く、インターネットからの申請であれば30分後に審査の結果が分かり、1時間後には融資を受けることができることも多いです。
また、このカードローンは即日融資だけではなく、他の専業主婦向けのカードローンと比べて多少金利が低いことも魅力の一つです。

 

3-1.みずほ銀行カードローンの借り入れ限度額と金利、お申し込み方法

みずほ銀行は、専業主婦であっても最大借入額が30万円という比較的高い限度額が特徴です。
ただし、夫の職場への在籍確認の電話はあるため、夫に内緒で利用すると言うのは少し難しいかもしれません。
即日融資に関しては、事前にみずほ銀行に口座がある場合にのみ可能で、当銀行に口座が無い場合には翌営業日からの融資になってしまうことがほとんどです。
ちなみに、みずほ銀行の専業主婦向けカードローンの金融審査はそれほど厳しくなく、夫にちゃんとした
職があれば落とされることは無いでしょう。

 

3-2.イオン銀行カードローンの借り入れ限度額と金利、お申し込み方法

イオン銀行の専業主婦向けカードローンの特徴として挙げられるものは、他の専業主婦専用カードローンよりも最大金利が0.7%程低い点でしょう。
大抵のカードローンは、専業主婦への融資は利率14.5%で行っているのに対して、イオン銀行のものは最大で13.8%となっています。
0.7%と言うとそれ程大したものでは無いと思われがちですが、専業主婦の場合には毎月の返済が少額になりがちで、自然と完済までの時間がかかってしまう傾向があります。
そのため、最終的に払わなくてはならない利息額も相当になってしまうため、利率が少しでも低いところからお金を借りるのも重要になってきます。

 

3-3.ソニー銀行カードローンの借り入れ限度額と金利、お申し込み方法

ソニー銀行の専業主婦向けカードローンは、金利、限度額共にそれほど他の銀行と違いはありませんが、毎月の最低返済額が非常に低く設定されているという特徴があります。
実際、ソニー銀行からお金を借りた場合には、10万円の借入であれば毎月の最低返済額は2,000円になります。
専業主婦は、自由に使えるお金と言うのが制限されていることも多いため、この非常に低い最低限度額は、主婦の心強い味方になることは間違いないでしょう。
もちろん、会社への在籍確認も無く、夫に内緒でカードローンを利用することができます。

4.実際に配偶者貸付でカードローンを利用している主婦の口コミ体験談

「最初は専業主婦だから総量規制のせいでカードローンは利用できないと思っていました。そのことを銀行の人に相談したら夫の同意書を提出することで総量規制の対象外になることを知り、すぐに夫に相談して同意書を書いてもらうことができました。夫は同意してくれないかなと思っていたのですが、専業主婦であっても突然お金が必要になってしまうことも多々ある旨を伝えたら、案外すんなり許可してくれました。その後はいくつかの金融機関に相談しに行き、一番待遇の良いところから融資を受けることにしました(50代女性・専業主婦)」といったように、配偶者貸付制度でお金の融資を受けている専業主婦も意外といるように思えます。