借金 解決法

1.借金を繰り返ししてしまう現状から抜け出す方法を解説

カードローンはその性質上、借金をしていると言う意識が薄れがちで、ついつい何度も利用しがちです。
確かに、毎月の返済額も金融業者によっては2,000円程度であることもあり、借金にありがちなイメージである返済に追われて苦しくなる、ということもカードローンではあまりありません。
しかし、借金は完済しない限り徐々に利息で損をしていってしまうシステムであり、カードローンもその例外ではありません。
どうしても借金を繰り返してしまう場合には荒療治ですが、カードをあえて破棄するなどといった方法を取った方が良いでしょう。

 

1-1.収入と支出の額を考慮した生活ができているかをチェック

カードローンを利用する専業主婦の中には、夫の収入が低く、けれども支出額が高くて自分が自由に使えるお金が無いことをカードローン使用の理由にしている人も多くいます。
確かに、収入はすぐには引き延ばせないため、外部から融資をしてもらうことが一番手軽で簡単な方法であるかのように思えますが、実際には家計簿をしっかりとつけて、収支額と生活を見直すことで意外とお金は浮いてくるものです。
借金に手を出す前にまずは生活を見直してみて無駄な支出は無いか、切りつめられる部分は無いかなどを見極めてみることをおすすめします。

 

1-2.収入の三分の一を超える返済額は生活への負担が大きい

普通に働いている社会人であっても光熱費、保険代金、携帯電話代、生活費等で収入の半分以上は消えてしまうと思います。
しかも、これに加えて毎月貯金をするのは当たり前であるため、普通に生活をするだけでもカツカツであることは容易に想像できるでしょう。
その上で、収入の3分の1を超える返済額を毎月抱えてしまうと、自由に使えるお金も貯金に回せるお金も無く、経済的に崖っぷちの状態に立たされてしまうことでしょう。
いくら銀行では総量規制が無いとはいえ、これでは生活が立ち行かないため、返済額には十分に注意しておきましょう。

2.ローンなど借金の返済が出来ない場合の対処法

もしも返済額が膨らみ過ぎて返済期限に支払いが難しい場合であっても、家族親戚に頼んででも最低返済額だけは期日に支払うようにしましょう。
専業主婦が利用するカードローンであれば、最低返済額は多くても1万円程度なので決して不可能ではないと思います。
一番やってはいけないことが、借金を返すために他の金融機関から融資を受ける多重債務で、これをすることで借金が泥沼化してしまいます。
返済に苦しむリスクを見越して最低返済額が低く設定されているカードローンを選ぶのも一つの手であると言えるでしょう。

 

2-1.多重債務で返済能力を超えている状況は弁護士に相談を

専業主婦が多重債務に苦しむというケースはあまり無いと思いますが、万が一多重債務を負ってしまい、世帯的な返済能力を超えてしまった場合にはできるだけ早く弁護士に相談することをおすすめします。
ただし、この段階まで来ると夫に隠し通しておくことは不可能なので、先に夫にその旨を伝えておいた方が良いでしょう。
他には、複数の金融機関から借りているお金を、乗り換えという形で金利の低いところ一本にする方法もあります。
他社からの借換えをキャッチフレーズにしている金融業者もあるため調べてみると良いでしょう。

3.自己破産や任意整理を徹底解説

借金が膨らみすぎて支払いが苦しくなってしまったときに債務者が行える手段として用意されているのが自己破産や任意整理といったものですが、これらはその名前からネガティブに捉えられがちです。
しかし、これらはあくまでも債務者を法的に守るために作られた制度であり、借金で苦しんでいる人への救済措置であると言うことができます。
毎日毎日借金返済のことばかり考えて生活することはとても健全であるとは言えません。
そのような場合には、何かしらの債務整理を行って新たなスタートを踏み出した方が良いでしょう。

 

3-1.自己破産と任意整理の違い

自己破産は自分が負っている全ての債務を処理する行為であるのに対して、任意整理は債務者が債権者と交渉し、返済額を減らしてもらうことを指します。
しかし、金融機関は一般的には債務者個人からの交渉は受け付けていないため弁護士に頼むことになるでしょう。
また、減額と言っても元金が無条件で減るわけではなく、利息が免除になる程度でしょう。
ちなみに、自己破産は資産がある場合にはそれら全てが差し押さえられてしまうため、これは最終手段として取っておいた方が良いでしょう。
絶対に返せない額の債務がある場合には自己破産を、利息分は払えないけど元金分なら払える場合には任意整理と、自分の状況にあった手段を効果的に選択できるといいですよね。

 

3-2.自己破産や任意整理をすることのデメリットとは

自己破産であっても、任意整理であっても金融事故であることに変わりはないため信用情報機関に所謂ブラックリストとして記録されてしまいます。
こうなってしまうと向こう数年間は金融機関からクレジットカードを含めた一切の融資を受けることができなくなってしまうため手痛いデメリットとなります。
しかし、情報がブラックリスト入りしたとしてもそれは永遠に消えない訳では無く、信用状会社にもよりますが5〜10年安定した生活を送っていればブラックリストから外れるため、過度に不安になることは無いでしょう。

 

3-3.自己破産は個人信用情報機関にブラックリストとして記録される

自己破産は、金融事故に分類されることなので一発でブラックリスト送りになってしまいます。
ブラックリストに入ってしまうと、5〜10年間はクレジットカード、各種ローンなどが一切利用できなくなってしまうため、不便な生活を強いられてしまいます。
ただし、ここで覚えておくべきことは、万が一自己破産をしてブラックリストに名前が載ってしまったとしても、永遠に信頼が戻らない訳ではありません。
ブラックリストに入ったとしても10年間でしっかりと地に足付けた生活を身に着けてさえいれば、自己破産から10年後には再び融資を受けられるようになります。

4.実際に自己破産や任意整理をした口コミ体験談

「事業が失敗してしまい、高額の借金を負ってしまったため弁護士に相談して自己破産と言う手段を取った。最初は自己破産にネガティブなイメージしかなかったが、最終的には債務も無くなり身も心も軽くなった。24時間ずっと返済のことを考えている生活はもうこりごりです(30代男性・フリーター)」や、「少しでも返済額を減らしたくて弁護士に相談したところ任意整理をおすすめされた。長期的な返済になってしまうため利息分だけでも減らせたのはかなり大きかった。思ったよりも簡単に減額の交渉が進んで拍子抜けしてしまった(20代男性・会社員)」といったように、債務整理に乗り出す人は意外と多く、多くはそれによって生活が楽になっています。