主婦 カードローン パート

1.収入のある主婦だとカードローンが有利になる理由を徹底解説!

銀行側の事情にはなるのですが、銀行は自身に収入の無い専業主婦を相手に融資を渋る傾向があります。
これは、収入が夫任せの専業主婦は返済も夫任せにならざるを得ず、夫の都合一つで返済が滞ったりしてしまうリスクがあるからです。
銀行もビジネスなのでリスクは出来るだけ抱えたくないという心理は理解できるでしょう。
そのため、少しでも安定した収入のある主婦の方がリスクが少ないため、カードローンの審査でも有利になります。
収入と言っても、正社員として働く必要は無く、パートタイムで稼ぎが2万円程度だとしても、無収入と比べて審査にはかなり通りやすくなります。

 

1-1.収入の無い専業主婦でも利用可能な銀行系カードローン

いくら少しでも収入があればカードローンの審査に通りやすくなるとは言え、どうしても理由があって働くことができない専業主婦もいるでしょう。
そのような方は、配偶者貸付制度を利用するか、専業主婦向けのカードローンを利用するかの二通りの方法があります。
銀行系カードローン以外だと総量規制がかかってきてしまうため、配偶者貸付制度を利用しない限りはノンバンク系カードローンを利用することができません。
そのため、夫に内緒でカードローンを利用したい場合には銀行系カードローン一択に絞られるでしょう。

 

1-2. ノンバンク系カードローンは配偶者貸付制度を使える!

基本的には、ノンバンクから融資を受ける際には総量規制といって、年収の3分の1以上の額の貸付を行えないとする規制がかかります。
これの例外が配偶者貸付制度で、夫の同意書、夫婦関係を証明する書類をカードローン利用の申込み時に提出することで、世帯収入の3分の1までの額の借入が可能になります。
世帯収入なので、直接の収入が無い専業主婦でもノンバンクから融資を受けられるようになります。
ただし、必要書類が多くなり、借りる方も貸す側も手間がかかることからあまり申請している人はいないのが実状です。
夫の同意書が必要なため、夫に内緒でカードローンの利用はできないし、夫公認でお金を借りるくらいならば夫にお金を借りた方がよい、ということであまり利用者はいません。

 

1-3.配偶者貸付制度は貸金業法の総量規制対象外!

先ほども説明したように、配偶者貸付制度は総量規制の例外であるため、この制度を使うことで収入が無い専業主婦であってもノンバンク系カードローンを利用することができるようになります。
ただし、配偶者貸付制度の下でお金を借りる場合には必要な書類と手間が倍以上になってしまうため、現在でも利用している人はあまりいません。
ただし、この制度にメリットは無いかと聞かれれば、そういう訳では無く、専業主婦専用のカードローンよりも低金利で融資を受けることができるというメリットはあります。
自分の状況やニーズに合った融資の形を選んで賢くお金を借りると良いでしょう。

 

1-4.配偶者貸付制度でカードローンを利用している主婦の口コミ体験談

「私自身には収入が無く、専業主婦専用のカードローンを中心に探していましたが金利の高さに驚いてしまいました。カードローン利用の事は夫にも伝えていたため、金利の高さを相談したところ、配偶者貸付制度を利用すれば低金利で融資を受けられることを知りました。この制度の下でお金を借りると、専業主婦向けのカードローンに比べて最大で3%ほど低い金利でお金が借りられます。実際、私も配偶者貸付制度を利用したのですが、一般向けのカードローンと同程度の金利でお金が借りられたのでとても満足しています(20代女性・主婦)」

2.収入のある主婦は消費者金融からも融資できる可能性も!

消費者金融や、信販会社といったノンバンクからお金を借りるためには、総量規制の関係で一定の収入が無くてはいけません。
あるいは、夫の同意書を提出することで配偶者貸付制度でお金を借りることもできます。
夫の同意書無く、夫に内緒でノンバンク系カードローンを利用したい場合には、自身に収入が無くてはいけません。
ただし、あまり知られてはいませんが収入とは必ずしもパートタイムでなくても良く、内職やフリーマーケットでも収入と見なされるため、これらをするだけでもノンバンク系カードローンが利用できる可能性があります。

 

2-1.配偶者貸付制度は世帯収入だから増額申請もできるから有利!

本来ならば、ノンバンク系カードローンを利用する際には総量規制がかかってきます。
これの例外措置が配偶者貸付制度で、これは、本来ならば自分の年収の3分の1の額までしか行えない借金が、世帯収入の3分の1までの額の借入ができるというものです。
そのため、自身に収入が無くても世帯収入次第では増額申請を行うことができます。
これにより、専業主婦専用のカードローンでは利用上限額が多くても30万円程に設定されていますが、配偶者貸付制度の下では数百万円規模での融資も可能になります。
例え専業主婦であっても旅行であったり、ローンであったりでお金が必要になることはあると思います。
そのような時に、お金が足りなくなることが無いというのが配偶者貸付制度の強みです。

3.アルバイトやパートでも収入証明書と安定年収があれば入会審査を受けられる

主婦であっても、アルバイトやパートタイムでの収入、はたまた内職や、フリーマーケット等での収入があり、それを証明することができれば一般向けのカードローンに申請を出すことができます。
パートタイムで働くことは事情があって難しかったとしても、内職で働くことは比較的簡単なことではないかと思います。
内職で稼げる額は多くても月2万円程ですが、それでも安定した収入があるかないかで利用できるカードローンの幅は大きく広がります。
そして、収入が無い人でも利用できるカードローンよりも、一般の人向けのカードローンの方が利率などの面で優遇されているため、消費者にとっても嬉しい条件で融資をうけることができます。

4.貸金業法に基づく総量規制は年収の三分の一まで

ノンバンク系カードローンを利用する場合には、総量規制の関係から年収の3分の1の額までの融資しか受けることができません。
もちろん、これはノンバンクから貸付をしてもらう場合であり、銀行からお金を借りる場合には法的にはこのような制限はありません。
しかし、法的にこのような制限が無くても、どのような金融機関であっても年収の3分の1が一つのボーダーラインとなり、審査の要となるようです。
一般のカードローンを利用する場合には、年収の3分の1が利用限度額になると考えておいて差支えまないと思います。

5.パートやアルバイトの収入で消費者金融を利用出来た主婦の口コミ体験談

「最初は専業主婦向けのカードローンを利用していましたが、金利の高さにげんなりして使用を停止しました。その後、収入さえあれば一般向けの低金利カードローンが使えるということを銀行員に聞き、パートタイムとして職を得て再度カードローンに申請を出した。現在使っているカードローンは、一般のサラリーマンたちが利用しているものと同じカードローンで、専業主婦専用のものとは比較にならない程低金利でお金を借りることができてとても満足しています。また、自身に収入があれば夫に内緒でカードローンも利用できるためとてもありがたいです(30代女性・主婦)」