カードローン 借入希望額

1.カードローンの借入限度額はどうやって決まるの?

カードローンの借入限度額は、最初の契約の際に決定されます。
この限度額は、契約時に提供した収入に関する情報や、その顧客の信用情報等、様々な面から審査、決定されます。
具体的には、過去にクレジットカードや借金の返済歴に傷が無いか、や、銀行であれば口座にいくら預金をしているか、などが審査対象となります。
ちなみに、これらを吟味しても限度額として個人の年収、あるいは世帯年収の3分の1程度になることが多いです。
増額も可能ですが、これは契約後1年後あたりからできるため、契約してすぐに限度額の引き上げというのは少し難しい印象を受けます。

 

1-1.貸金業法に基づく総量規制とは

お金を借りる際に、消費者には銀行から借入を行うか、それか消費者金融や信販会社といったノンバンクから融資を受けるか、という二つの選択肢があります。
この内、ノンバンクからお金を借りる際にかかってくる制限を総量規制といい、これは、その顧客の年収の3分の1以上の額のお金を貸し付けてはいけないとするものです。
銀行はこの規制の対象外で、法的にこのような制限はありませんが、利用限度額を決める際に年収の3分の1が一つのボーダーラインとなることが多いようで、これ以上の額の貸付はあまり一般的ではありません。

 

1-2.カードローンで借り入れ可能な融資額は年収の三分の一まで

アコムやプロミスといったノンバンク系カードローンを利用する場合には、融資可能額はその顧客の年収の3分の1までということが貸金業法の総量規制というもので法的に定められています。
銀行から融資を受ける場合には法的に定められている訳ではありませんが、利用限度額は銀行であっても、リスクを回避する意味でも年収の3分の1として設定されることが多いです。
もちろん、銀行系カードローンの限度額は契約年数や、信用情報などによっては引き上げが可能なこともあり、贔屓にしている顧客に対しては年収以上の額の融資を行っているところも多くあります。

2.収入の無い専業主婦もカードローンは利用できる?

自身に収入が無い場合には、総量規制の関係からノンバンク系カードローンを基本的には利用することができず、必然的に銀行系カードローンを選ぶことになります。
ただし、銀行であっても全てのところがお金を融資してくれるわけではなく、所謂専業主婦専用カードローンというものを利用することになります。
他の手としては、総量規制の例外として配偶者貸付制度というものがあるのですが、これを利用する方法もあります。
配偶者貸付制度を使うためには夫の同意書と、夫婦証明書が必要になりますが、自身に収入が無くても世帯年収の3分の1までの額の融資をノンバンクから受けられるようになります。

 

2-1.配偶者貸付制度の利用で専業主婦も利用可能!

自分に収入が無い専業主婦の場合には、基本的には専業主婦向けのカードローンを利用することになるのですが、特徴として最高金利での貸付という点が挙げられます。
高い利子での融資が嫌な場合には、配偶者貸付制度を利用してノンバンクからお金を借りることをおすすめします。
ノンバンク系カードローンも利率は高い方なのですが、それでも専業主婦専用カードローンに比べれば低利子で融資を受けることができます。
ただし、夫の同意書と共に、夫婦証明書も必要になる為少し手間がかかってしまいます。

 

2-2.配偶者貸付制度は貸金業法の総量規制対象外

配偶者貸付制度でノンバンクからお金を融資してもらう際には、貸金業法の総量規制の対象外となるため、自身に収入が無くてもお金を借りることができます。
とは言っても、無制限で融資を受けられるという訳では無く、世帯年収の3分の1までの額を借入れることができます。
自身に収入の無くて、働くことができない専業主婦にとっては利用するカードローンの選択肢を増やすことができる貴重な手段の一つですが、夫の同意書が必要だったりとカードローン申込みの手間が増えてしまうため少し面倒に思うこともあるでしょう。

3.配偶者貸付を利用した銀行系カードローンの利用は夫にばれる?

配偶者貸付制度の利用には夫の同意書が必要なため、夫に内緒で利用するというのは現実的ではありません。
夫に内緒でカードローンを利用したい場合には、一部銀行が用意している専業主婦専用カードローンを利用することになるでしょう。
このような銀行系カードローンの中には、夫の会社への在籍確認が無いものや、郵便物を家に届けないなど、夫にカードローン利用がバレないようにアレコレ手を尽くしてくれるところもあるため、絶対に夫にバレたくない場合にはこれらのカードローンを利用するのも一つの手です。

 

3-1.実際に配偶者貸付を利用してキャッシングしている主婦の口コミ

「専業主婦専用のカードローンを利用するか、配偶者貸付制度を利用してノンバンク系カードローンを利用するかで最初は迷いましたが、結局は金利が有利ということでノンバンクを選びました。専業主婦専用のカードローンよりも金利が低いというだけではなく、利用限度額も高めで融資を受けられるため、配偶者貸付制度で融資を受ける方がお得であると言えるでしょう。実際、今まで配偶者貸付でお金を借りてきましたが、限度額が足りなかったり、利息に不満を覚えたことはありません。比較的お得に融資を受けられるためこれからも継続して利用していきたいと考えています(20代女性・主婦)」

4.カードローンの借入限度額はお申し込み審査時に決まる

カードローンの借入限度額は、後から引き上げることができますが、最初の利用限度額は申込みの審査時に決定されます。
具体的な額に関しては、信用情報や、顧客情報、夫の勤め先や、おおまかな年収などによって左右されるため一概に額を言い当てることはできませんが、基本的には年収の3分の1程になることが多いようです。
ちなみに利用限度額を引き上げたい場合には、返済を滞らせずにスムーズに完済したり、節度を持ってカードローンを利用していき信用を高めていくことをおすすめします。
しっかりと信用が高まればそれだけ限度額引き上げの申請も通りやすくなります。

 

4-1.収入が増えれば借入限度額も増額できる!

カードローンの利用限度額を高めるために必要な条件として、信用を高めることと、収入を増やすことが挙げられます。
銀行もビジネスであるため、確実にお金を返済してくれる顧客に対して融資を行いたいと思っています。
そのため、収入が多い顧客と言うのは、それだけ銀行側からすれば安心できるものでであると言えるでしょう。
他にも、収入を増やさなくとも付き合いの長い顧客に対しては銀行も安心して融資をしてくれる傾向があります。
このような顧客に対しても限度額を高めてくれる場合は多いでしょう。