ローン 審査 落ちる

1.カードローンの審査に落ちる原因を徹底調査!

カードローンは、住宅ローンや自動車ローンよりも自由度が高く、審査に通りやすいことが特徴の一つとして挙げられます。
とは言っても、誰であっても無条件に審査に通るわけではなく、審査には一定の基準があり、その基準を満たした人のみがカードローンを利用することができます。
基準といっても、それほど厳しいものでは無く、何らかの安定した収入があり、過去のクレジットカード歴などの信用情報がしっかりとしていれば審査には通るでしょう。
審査に落ちるということは、過去に金融事故を起こしていたり、クレジットカードや借金の支払い、返済を滞らせたりしていた、というのがほとんどであるため、まずは未払いのものが無いか確認してみましょう。

 

1-1.金融ブラックリストがあるって本当?

クレジットカードの未払いや、借金の返済を長く遅延させていたりした場合には、所謂ブラックリストというものにその人の情報が載ってしまいます。
一旦ブラックリストに入ってしまうと向こう5〜10年程はあらゆる金融商品が利用できなくなってしまいます。
具体的には、クレジットカードやカードローン、住宅ローンなどの審査全てに通らなくなってしまいます。
また、自己破産や、任意整理といった債務整理を行った場合にもブラックリストに名前が載ってしまうため、借金を減らしたいからと言って安易にこれらの手段をとってしまうと、いざと言う時にローンが組めなくなってしまうため気を付けましょう。

 

1-2.個人信用情報機関に登録される取引情報

日本には、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)という3つの個人信用情報機関があり、どの個人信用情報会社と繋がっているかはそれぞれの金融業者によって異なっていますが、共通点として、どのような金融審査であっても個人信用会社で集められた顧客の信用情報が参照されます。
信用情報として含んでいるものは、クレジットカードの利用歴、借入、返済歴、はたまは携帯電話料金未納の有無などです。
これらに問題が無い場合には、すぐに審査に通りますが、少しでも問題があると審査に通り辛くなってしまうため、クレジットカードやローンを利用するときにはしっかりと責任をもって完済するようにしましょう。

 

1-3.支払いの滞納など金融事故情報も全て記録される

クレジットカードの支払日を勘違いしてしまって、支払いを滞らせてしまった経験は誰であってもあるとは思います。
しかし、このような小さな遅延も全て信用情報として記録されてしまいます。
一回、二回程度の小さな遅延ならばそれほど信用情報に傷は入りませんが、常に遅延を起こしてしまったり、多額の借金を長い間滞納していたりすると金融事故の一つとして信用情報に記録されてしまいます。
一度記録された情報は情報会社にもよりますが、5〜10年ほどは保存されてしまうためお金に関わる事柄は出来るだけ速く、スマートに解消するようにしましょう。

2.ブラックリストに掲載されているかを調べる方法を徹底解説!

クレジットカードの支払いを滞らせてしまった経験がある人は数多くいると思いますが、それによって自分はブラックリスト入りしてしまっているのか、と不安になっている人も多くいるでしょう。
いくつかの金融審査を受けてみて、収入などに問題は無いのにもかかわらず全ての審査に落ちてしまった場合にはブラックリストに名前が入っていることを疑うべきですが、それ以外にも、自分で信用会社に連絡して信用情報を開示してもらうよう申請することもできます。
一度の開示で1500円程度の費用は掛かりますが、自分の信用情報がどうなっているのかを一目で確認することができるため時間の節約にもなりおすすめです。

 

2-1.個人信用情報の開示請求

自分の個人信用情報は、それぞれの信用情報会社に連絡して開示請求を行うことで知ることができます。
前までは、電話、郵送による請求のみでしたが、現在ではインターネットを通しての開示申請も行えるようになっており、オンラインで自分の信用情報を見ることも可能となっています。
信用情報を見れば、金融審査に通るかどうかまでもある程度は予想がつくため、もしも特に信用情報に傷が無い場合には安心してローンの申請を行うことが出来るようになります。
ちなみに、開示請求を行う会社にもよりますが、どこであっても1500円前後で依頼を受け付けてくれるためそれほど費用も掛かりません。

3.短期間に複数の金融機関にキャッシングやカードローンを申し込むと申込ブラックにも

先程も述べたように、クレジットカードの利用歴、各種ローンの利用歴等、お金の借入、返済に関わることは全て信用情報に記録されてしまいます。
短期間でいくつものクレジットカードやローンに申し込んでしまうと、お金の運用能力や、収支のバランスに疑問を持たれてしまうため、信用情報にとっては傷となってしまいます。
具体的には、半年間で3つほどのローンを掛け持ちしたり、申込みを行うとブラックリストの予備軍となってしまい、金融審査に通り辛くなってしまうことが知られています。
なお、新規の申込みでなくとも、短期間にいくつものローンやクレジットカードを解約しても信用情報で言えばマイナスの影響をあたえてしまいます。

4.年収や勤続年数などの申し込み情報は正確に記入することが大切!

夫に内緒でカードローンを利用しようと考えている専業主婦の中には、夫にバレたくないからといって虚偽の勤務先や、勤務年数を記入してしまう人も多くいます。
しかし、虚偽の情報を提供することは犯罪であると同時に、信用情報と照らし合わせればすぐにバレてしまうことであり、今後ローンが組めなくなってしまう可能性もあるため止めましょう。
在籍確認の電話などがある場合には事前に教えてくれるため、「夫にバレるから」という無駄に考え過ぎて虚偽の情報を記入するのではなく、正確に夫の勤務先、勤務年数などを書くようにしましょう。

5.ローンの審査に通らないブラックリストが信用情報機関から消えるまでの時間

自己破産や、任意整理と言った債務整理を行った場合には、一発でその顧客の情報がブラックリストに載ってしまいます。
このような金融事故を起こしてしまった場合には、最短で5年、情報会社によっては最長10年間、ブラックリストから名前が外れることはありません。
基本的に、金融業者は複数の信用情報会社からの顧客情報を基に審査を行うため、どのような金融審査でもブラックリスト入りしてから10年間はその審査に通ることは無いと考えていても差し支えは無いでしょう。
ブラックリストに入ってしまったら向こう10年間は経済的に健全な生活を送る以外の方法はありません。

6.実際にローン審査に落ちた専業主婦の口コミ体験談

「昔、学生だった頃に無茶なクレジットカード利用をして何度も支払いを滞らせたり、クレジットカードの支払いをするために消費者金融からお金を借りたりということがあった。それが理由で4年経った今でさえカードローンの金融審査には落ち続けてしまっている。去年、あまりにも金融審査に落ちるということで不安になり情報会社に個人信用情報の開示請求を行い、自分の信用情報を見てみると見事にブラックリスト入りを果たしていた。今となっては昔の自分を恨むしかないが、とりあえず借金などをしないで健全な生活を送っている(30代女性・パートタイマー)」から分かるように、過去に行った無理な借金や、クレジットカード利用は後々の自分に降りかかってきてしまうため、お金の運用には細心の注意を払いましょう。