主婦 在宅ワーク

1.主婦におすすめの在宅ワークを徹底解説!

専業主婦の中には、パートタイムとして働きたいけど子育てなどの事情から外で働くことがどうしてもできない人も多くいると思います。
安定した収入を得ることができないからとカードローンの利用も諦めてしまっている人もいるでしょう。
そんな人にオススメできるのが、家にいながら自分のペースで仕事をすることができる在宅ワークです。
パソコンとインターネットに接続できる環境さえあれば24時間いつであっても、どこであっても仕事をすることができるため、外で働くことができない専業主婦の方であっても安定した収入を得ることができます。

 

1-1.副業として毎月収入を稼げるから凄い!

一昔前までは、家にいながら働くと言うのは内職に限られていました。
しかし、内職でお金を稼ぐと言うのはとても非効率的で、良くても時給200円などでした。
現在ではインターネット普及の影響もあって、家にいながらオンライン上で作業をすることで、能力次第ですが場合によってはコンビニエンスストアでのアルバイトと同程度の収入を得ることも不可能ではありません。
在宅ワークのみで月給7万円稼いでいる専業主婦もいることからも、在宅ワークも立派なお金稼ぎ手段の一つとなっています。

 

1-2.子育て中のママも内職なら育児と家事も両立可能!

内職にしろ、在宅ワークにせよ、家で手軽に、自分のペースで仕事を進めることができるため子育て中のママやパパであっても両立させることができる点が最大の魅力であると言えるでしょう。
ただし、注意しなければいけない点として、内職であれ在宅ワークであれ仕事を依頼されているという点では他の仕事と何ら変わりはないため一度引き受けた仕事は責任をもって完了させなくてはいけません。
そうやって徐々に仕事相手との信頼関係を深めていくことで、より単価の高い仕事を依頼してくれたりと効率よくお金を稼ぐことができるようになるでしょう。

2.在宅ワークの仕事の種類や内容

在宅ワークの種類として一番多くあるのが、インターネットサイトに載せる記事の作成を行うライターとしての仕事でしょう。
現在、多くのウェブサイトの運営者は自分のホームページに載せる文章を外注しています。
このような運営者から仕事を発注されるパターンが一番多いでしょう。
ライターとしての経験が浅い内は低単価での仕事が主になると思われますが、経験を積んでいくうちに徐々に単価が高くなっていくのが普通なので、最初はどのような仕事であっても引き受けることをおすすめします。
他の仕事としては、単価は低いですがアンケートモニターなどの仕事があります。
特になにも考えなくても良いため、テレビを見ながらや好きなことをしながらお金を稼ぐことができます。

 

2-1.副業専門の悪徳業者や詐欺に注意!

このように、コンビニエンスストアのアルバイト程度の収入を得ることができる可能性のある在宅ワークですが、そのような仕事を探している専業主婦をターゲットにしている悪徳業者や、詐欺師も多くいます。
特に、「一日5分の作業で月給30万円」などと語っている宣伝は間違いなく悪徳業者のものであるため注意しましょう。
確かに、在宅ワークであっても能力次第で相当額を稼ぐことは可能ですが、それはそれ相当の能力と労力があるからこそ達成されます。
始めから数十万円稼げるというような甘い話しではないため、立派な仕事であることを認識してコツコツと少しずつ能力を高めながら働いていくしかありません。

3.パソコンがネットに繋がれば広がる仕事内容

内職であれば電話一本で業者に連絡し、仕事を発注してもらうことができますが、インターネットに接続できる環境とパソコンがあれば、受けることができる仕事の幅が大きく広がります。
例えば、専業主婦ならではの視点から記事を書くライターとしての仕事であったり、原文を基にして新たな文章を書くリライトの仕事であったりと、場合によっては内職の数倍の額の収入を得ることも決して夢物語ではありません。
実際、プロの専業主婦ライターであれば月に数十万円を稼ぐことができると言われています。
もちろん、その域に達するまでの下積み時代も相当の年月であると予想できますが、頑張ったら頑張った分だけ自分も成長できるし、報酬も貰える、良い仕事であると言えるでしょう。

 

3-1.誰でも出来る!ポイントサイトの文字入力やデータ入力の作業!

もちろん、全ての人がライターとして活躍できるのかと聞かれれば、残念ながらそういう訳ではありません。
ライターとして活躍するためには、努力も必要ですがそれ以上に文章を書く適正や、それが好きかどうか、が大きく関わってきます。
そのため、ライターとして働くことを全ての人におすすめできる訳でもありません。
ただし、インターネットに接続できる環境さえあれば、ライターとしての仕事だけではなく文字入力や、データ入力と言った事務的な仕事も数多くあるため、それらで収入を得ることもできます。
タイピング速度次第でいくらでも稼ぐことができるため、誰にでもおすすめできる作業です。

4.人生経験を活かした記事作成で報酬をゲット!

専業主婦であれば、専業主婦の視点から記事を書くことができるという点で、他のライターには無い独特性があるため選考の段階で有利になることも多いです。
ライター求人の中には専業主婦のみを募集しているところも多く、意外と専業主婦というのは重宝される傾向があります。
また、専業主婦であれば子育ての経験もある人も多いと思われるため、子育て関係のライティングにも応募できるでしょう。
こう考えてみると、ライターとして、専業主婦にはかなりの潜在力があることが窺えます。
時間があり、尚且つライティングが好きな専業主婦にはもってこいの仕事であると言えるでしょう。

5.在宅ワークを探せるおすすめのサイト

基本的にはgoogle等の検索エンジンで、「在宅ワーク」と検索をすればいくつもの在宅ワークの斡旋サイトが出てきます。
仕事に慣れて信頼できる仕事相手が見つかれば直接仕事を請け負うこともできると思いますが、最初は仕事斡旋サイトを通して仕事の依頼を受けることになるでしょう。
中でもおすすめのサイトはcrowd worksとshuftiの二つです。
これ以外にも在宅ワーク仲介サイトはあるのですが、仲介手数料として報酬から多く抜かれてしまうところも多いため注意が必要です。
これらのサイトを利用する際には、まずは報酬の何%が仲介料として取られてしまうかなどを事前に調べることをおすすめします。

6.実際に在宅ワークで収入を得ている主婦の口コミ体験談

「昔から要領が悪く、パートタイムとして働いても沢山注意を受けてしまうばかりであまり仕事に馴染めませんでした。そんな時に、在宅ワークとして専業主婦ライターの募集をしていることを知り、応募してみた。実際の仕事は、自分の専業主婦としての経験を基に記事を書くということで、昔から文章を読んだり、書いたりするのは好きだったので楽しく働くことができた。今でもライティングの仕事をしているが、一日3時間のライティングで月に10万円程稼ぐことができるようになり自由に使えるお金も増えてきた。夫には内緒で仕事をしているため、私の通帳を見せたらびっくりすると思います(笑)(40代女性・主婦兼ライター)」という話からも分かるように、ハマればかなり稼ぐことができるのが主婦ライターであり、特に、物書きが好きな人にとっては天職であると言えるでしょう。